FX用語集
プライバシーポリシー
FX用語集
総合評価 通貨ペア比較 スプレッド比較 レバレッジ比較 スワップポイント比較 クイック入金比較 ホーム
あ行
 
アスク(Ask)
プライスを提示する側の売り値、売り気配値のこと。オファー。提示された側はそのプライスを買うことになる。(⇔ビッド)
上がる、下がる
「円が上がる」という場合、一般的には円高(ドルの下落)を意味するが、外為市場ではドル/円が
上がる(ドル高)という意味で使われることが多い。ドル/円のドルを省いているわけで、
為替ディーラーの会話ではこの方が一般的。
アゲインスト(against)
保持しているポジションを現在のレートで評価したとき、損失となる状態。(⇔フェイバー)
陰線(いんせん)
ローソク足の形状。始値より終値が低い場合に黒色で表す。
イフダン(If Done)
IFD注文の意味で順位のある2通りの指値または逆指値のオーダーを同時に出し、優先したオーダーが約定した後に、
自動的にもう一つのオーダーが有効になる注文方法のこと。
IFO注文
IFO注文とは、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法。新規注文が成立したら有効になる、利益確定と損切りの
決済注文を2つセットで出します。
買いのタイミングを逃さないだけでなく、後に円安が進んだ場合にも、円高に進んだ場合にも、自動的に対処してくれます。
IFO注文は、提供している業者としていない業者があるので、取引開始前に確認する事をお薦めします。
円高・円安(えんだか・えんやす)
円貨の対外価値が高くなるのが円高、逆に低くなるのが円安である。これには実勢相場に対していうときと、
基準相場についていう場合がある。
円に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。
エグジット
保有中のポジションを反対売買して取引を確定(損益)すること。
オーシーオー(OCO:One Cancel Othe)
OCO注文のことで損切りを目的とした注文方法。種類の異なるこの2つの指値注文を同時に出し、どちらか1つの取引が
約定した場合はもう1つの注文が自動的に取消される注文方法のこと。
どちらかが約定した時点で、もう一方は自動的に取り消されるため、相場が予測と違う方向へ動いた場合のリスク管理が
可能となる。
押し目(おしめ)
上昇トレンド中に見られる一時的な下降を「押し目」という。またこの逆で下降トレンド時の一時的な上昇を「戻り」という。
トレンドの転換期ではなく、一時的な変化と見る。
オージー
オーストラリアドルのこと。
オープンポジション
保有中のポジションのこと。通常は反対売買して取引を確定(損益)するが、この場合未決済の持ち高のこと。
か行
 
通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)のこと。
保証金をFX業者に預託し、主に差金(さきん)決済による通貨の売買を行なう取引のこと。
外国為替市場
外国為替取引が行われている市場のこと。「市場」といっても、証券取引所のような具体的な取引所はない。
取引参加者は、お互いにレートを出し合い、電話回線や端末を用いて相対取引を行っている。
基軸通貨(きじくつうか)
世界の多くの国で通用する通貨のこと。通貨の流通量が多く、通貨価格が安定しており、国際金融機関取引などで
主要となる通貨のことをこのように呼びます。現在では米ドルが基軸通貨の役割を果たしている。
逆張り(ぎゃくはり)
逆張りとは、現在の市場の流れとは逆の買い方、売り方をする手法です。例えば、チャートを見る限り、ここ半月の間は
下がり続けている通貨があるとします。その通貨を「買う」というのが逆張りです。
下降トレンド状態のその通貨を「買う」理由は、下降トレンドがもうすぐ変わることを予測してのものです。
逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)
売買注文発注時に、「指定の価格以上なら買い、指定の価格以下なら売り」というように「売値」と「買値」を指定する
注文形態のこと。
物価や通貨価値の安定さらに景気対策の一環として、中央銀行が行う金融面からの経済政策のこと。
財政政策とならぶ経済政策の柱である。
金融先物取引(きんゆうさきものとりひき)はいわゆるデリバティブ(金融派生商品)の一つで、価格や数値が変動する
各種金融商品や金利等について、未来の売買についてある価格での取引を約定(やくじょう)するものをいう。
対義語は現物取引。
キーウィ(kiwi)
ニュージーランドドルはキーウィと呼ばれる。キーウィはオーストラリアドル(オージー)との連動性が高く、
オージーが下落傾向になると、しばしばキーウィも同じ傾向をたどる。現在はオージーと同じ高金利通貨。農産物が
主要輸出品で、オーストラリアとの貿易額が最も多い。
クロスレート
米ドル以外の組み合わせの通貨取引レートのこと。例えば、ユーロ対円、ユーロ対ポンドなどの取引レートを言う。
外国為替証拠金取引における通貨ペアのうち、米ドル以外の通貨と日本円のペアのこと。
また米ドルと日本円のペア(ドル円)はドルストレートと呼ばれる。
東京金融取引所が市場を開設・運営している外国為替証拠金取引のこと。
堅調(けんちょう)
買い意欲が強く上がり気味の相場状態。逆に買い気が乏しく下がり気味の相場状態を軟調という。
内閣府が算出・公表している指数。景気を先取りして動く「先行指数」、景気と並行して動く
「一致指数」、景気に遅れて動く「遅行指数」がある。
さ行
 
主にアメリカ合衆国において貸し付けられたローンのうち、サブプライム層(信用度の低い人)向けのものをいう。
サポートライン
支持線。相場がその線で下げ止まれば、反転して上昇に転じるとされるレベル。
指値注文(さしねちゅうもん)
自分があらかじめ指定した売買の値段で注文する方法のこと。リミットオーダー。
証拠金
外国為替証拠金取引(FX)をしていく上での担保となる預託金のこと。マージン。
ショート
ある通貨の売り持ちの状態(売りポジション)のこと。ショートポジションともいう。(⇔ロング)
塩漬け
ある通貨を買い、価格を落としたままずっと保持している状態のこと。
またはある通貨を売り、価格が上昇したまま保持している状態のこと。
ストップ注文
設定した価格よりも高くなったら買う、設定した価格よりも安くなったら売るという注文方法。逆指値注文とも呼ばれる。
スプレッド
買値と売値の価格差をいう。FX会社毎に異なる。
指定した価格と成約価格との価格差のこと。相場の変化により、このスリッページが大きくなる場合がある。
スワップポイント
外貨によって金利が違うため発生する、2種類の通貨の金利差。ポジションを持つと毎日発生する。
スキャルピング
数秒から数分間、長くても数十分程度の取引期間で、為替差益を狙う取引のこと。
た行
 
チョッピー(choppy)
相場に明確な方向感がなく不規則に動くこと。
ツー・ウェイ・プライス(Two Way Price)
買値(アスク)と売値(ビッド)の両方を同時に表示すること。
通貨ペア
「ドルと円」「ユーロとドル」といったように、取引する2国通貨の組み合わせのこと。FX取引会社によって、
通貨ペアの種類は異なる。
通貨単位
外国為替市場でのドルの対円相場(ドル/円レート)は通常、「銭」単位で取引される。
ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.3435ドルなど1ドルの1万分の1が基本単位となっている。
テクニカル分析
過去の価格や時間の推移などから、いわゆる市場内部的要因のデータを統計的に分析して、将来の価格や
相場の方向性を分析・予測するもの。 株と同じように始値、終値、高値、安値のチャートを基に分析を行う。
東京における外国通貨の売買の場である。東京証券取引所のような特定の場所があるわけではない。
市場の流れ、その為替や通貨の流れの事。上昇トレンド、下降トレンドといった使い方をされるのが一般的。
な行
 
成行注文(なりゆきちゅうもん)
自分が「買いたい」もしくは「売りたい」と思った時に、価格を指定せず即時に取引を成立させる注文方法。
銘柄と数量だけを指定する。
ナンアランド(南アランド)
南アフリカランドのこと。金、ダイヤモンドなどの資源輸出国なので、これらの商品相場との関連が深い。
金利が高いのも特徴の1つ。
日銀短観(にちぎんたんかん)
全国企業短期経済観測調査のこと。四半期に一度(3月・6月・9月・12月)に日本銀行が発表する、企業アンケートの
調査結果をまとめた経済動向である。 とくに業況判断は企業の景気についての総合判断を示すものとして市場から
最も注目されている調査項目である。
米国の中央銀行制度は連邦準備制度と呼ばれ、最高意思決定機関である理事会(FRB)の下、中央銀行の業務を
行なう連邦準備銀行(地区連銀)が12の主要都市に置かれている。なかでも、ニューヨーク連銀は、金融市場での
資金操作や外為市場での介入の実務を行なっている。
ニューヨーククローズ
ニューヨーク市場の取引終了時の価格のこと。外国為替市場において便宜的 に1日の終了とされる。
日本時間午前7時を指す。(米国夏時間では日本時間午前6時)
は行
 
バーチャルFX
株式会社外為どっとコムが主催している、業界初の外国為替保証金取引仮想売買コンテストサイトのこと。
ビッド(Bid)
外国為替市場で、プライスを提示する側の買い値のこと。提示された側はそのプライスで売ることになる。
(⇔オファー、アスク)
財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、
経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。
フェイバー(favor)
保持しているポジションを現在のレートで評価したとき、利益となる状態。(⇔アゲインスト)
ヘッジ
ある取引から生じるリスクに対して、逆サイドのリスクを持つ取引を行うことによってリスクを回避する手法のこと。
為替レートを外国為替市場における外貨の需要と供給の関係に任せて自由に決める制度である。フロートあるいは
フロート制とも呼ぶ。
ポジション
まだ決済していない自分の手持ちの外貨のこと。 つまり、外貨の売買状況を示すもの。建玉。
ま行
 
マージン
外国為替証拠金取引(FX)をしていく上での担保となる証拠金のこと。
マージンコール
損失が一定レベルを越えたときに業者に追加証拠金の差し入れをすること。
戻り
相場が下落トレンドにある時、価格が一時的に上がる局面。(⇔押し目)
や行
 
99年1月1日に誕生した欧州統一通貨。当時のEU(欧州連合)加盟国15か国のうち、イギリス、デンマーク、スウェーデンを除く
12か国で現在、採用されている。ユーロ導入前、多くのEU加盟国は各通貨が互いに一定の範囲内で変動するシステム(ERM)を
採用していた。
呼値(よびね)
売買取引で値段を決める際の値動きの最小単位のこと。
ら行
 
利益確定(りえきかくてい)
現在持っている売りまたは買いポジションで利益が出ている場合、それを早めに反対売買して利益確定させること。
リカク、利食いと表現する場合もある。
両建て(りょうだて)
同じ通貨ペアの売りと買いのポジションを同時に持つこと。
日本語で、梃(てこ)の意味。FXでは証拠金を担保にその何倍もの外貨取引が可能になる。これを『レバレッジ効果』という。
以前は取引業者によっては100倍以上の高レバレッジが設定可能であったが2010年8月に金融庁の通達により
レバレッジ50倍以下となった。
また2011年8月にはレバレッジ20倍以下となる。
ロスカットルール
損失が一定額を超えると、強制的に反対売買がなされるルールのこと。過大な損失がこれ以上膨らまない
ようにするシステム。対象ポジション、または口座の全ポジションを反対売買により強制的に決済される。
チャートの表わし方にローソク足と呼ばれる方法がある。寄り付き、高値、安値、終値をひとつのローソクの形に似た記号で
表わすもので、株価チャートではお馴染みになっている。ローソク足は日本で考案されたもので、外為市場でも頻繁に
使われるようになっている。
ロールオーバー
未決済ポジションを翌日持ち越しすること。
ロング
ある通貨の買い持ちの状態(買いポジション)のこと。ロングポジションともいう。(⇔ショート)
わ行
 
A to Z、その他
 
FX(Foreign exchange)
「FX」として多く使われていますが、日本語に訳すと「外国為替証拠金取引」となります。
海外では「Forex」(フォレックス)とも呼ばれているようです。外国為替証拠金取引とは外国為替の売買による取引のこと。
米国の金融政策は連邦準備制度理事会(FEB)の下にあるFOMC(連邦公開市場委員会)で決定される。
FOMCには12人のメンバーがいて、年8回開かれる。FRBの7人の理事とニューヨーク連銀の総裁はFOMCの常任委員。
残りの4人は11人の地区連銀総裁が持ち回りで務める。